スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決まりっ。

2007–07–24 (Tue) 15:51
きまり。
まり。
り。



ココ。

ココ。

ココ。

ココ。

ココ。


さぁ、探せ。
















よし寝よう。
つか何も書いてねぇよ
向こうのブログ


スポンサーサイト

きぶんてんかん

2007–07–24 (Tue) 14:51
はい、しますねします。
まぁここでタイトルがひらがなな理由。

一般的には「きぶんてんかん」は「気分転換」なんでしょうね。
まぁ脳味噌にある気分を入れ替えるんだから転換。
一般的で普遍的だね、こりゃ。

んでも、個人的にゃぁ「気分転感」とか「記文転観」と方が好きだねぇ。
気分も感覚も感情も入れ替えてー
記されてる事からは違う視点で見るー
みたいな。
まぁどうでもいい。

要するにだ。
ブログを変えようって話だな。

ん?

文句は受けないぜぃ。

何回目かだと?

まー

8回目?

だね。

文句は受けないぜぃ。


まぁまだ作ってないわけで、作り次第貼るか。
貼りましょう。

では作る。



どろん。

ダークヒーローへの道

2007–07–16 (Mon) 11:44
You know what?
ブログ更新がダルくてダルくて。
どのくらいぶりだ。
さぁ。

さて。
やったことといえばー

日本にて
・アンパンマン燃やし

くらいですか。
そうですね、俺の壊滅的記憶能力で言えばコレしか覚えてられませんね。
アレだね。
アインシュタインだって自分の電話番号とか身長エトセトラは覚えてないんだし。
かの有名な
20070716112554.gif

のイタリアとがハンガリーのハーフですでに言語学者(=オタク)のトニー曰く
「一つしか無い脳だから」と言ってますね。

それに該当。
つか俺って何年だっけ・・・・


まぁいい。
それはどうでもいいのだ。
記事書いてるうちに思い出す可能性もある。
無いわけじゃぁ無い。
いや10%程度なもんだが。

それもさて置き、アンパンマン燃やし。
なんだったか、あぁそうだ。

まず、浜辺に友達と行った訳です。
初回は泳いだり魚釣りしたりの予定だったのだが
「海汚ぇ」
「酷い色」
により即却下。

それで俺達がやったのは
焚き火。
なーんか友達は元から焚き火もするつもりだったみたいで、
ガスバーナーを持ってきてたんですね。
それでも、さすがに木を燃やすだけじゃおもしろくねぇってんで
拾ってきたプラスチック製アンパンマン人形に点火。

火あぶりの刑


さすがにコレは。


コレはコレは。


ドス黒い煙が。

見た感じ明らかに環境に悪そうだった。
ダイオキシン、フルスロットル。

結果として。
かのアンパンマンは
20070716113931.gif











火あぶりの刑の後











20070716114110.gif


ゴーストライダーへと昇華いたしました。

後に昇天

最期にゃ黒焦げ状態でしたが。




さて。
疲れた。
久しぶりだよこんなにタイプしたの。
あーめんど。
寝る。



おまけ
睡眠15時間。
俺はナマケモノかよ。

言ったぞ、俺は。

2007–06–27 (Wed) 12:09
俺は言った。
頻度急激低下中y=-3/28x+19。
言ったぞ、俺は。

この物凄い行進頻度の低下。
凄いね、俺の自制力。
つかパソコン自体もう何日触ってなかったことか。
多分一週間。
やったね、俺。
つか今日使ってるのも大した意味を持たないというのは言うまでもない。

まぁどうでもいい。
俺は何がしたいのかなんて俺が一番わかんねぇんだからな。
とりあえず、木曜には日本帰るわけだしー
馴染みを殴る!相手は高1ですが
だってねー。
あれだし、あれ。
グレてんなら矯正せねば。
むしろ俺の友人のグレた落ち零れがいるっていう事実が腹立たしい。
あーあ、俺のエゴイスティックな精神。
無駄にプライドが高いねぇ。

まぁいい。
とりあえずハートブレイクさせなければ俺の気が済まない。
リアリティと言うものを突きつけなければ。
一時の幸福感に目が眩んだあれを挫かねば。
大学にも行かない奴がほざいてんじゃねぇ、と。

んでなんだ。
あぁそうだ経過。
髪を漆黒に染め直して、髪の毛をバッサリ。
まぁ髪の毛が漆黒なのはいいんだ。
元々真っ黒だし。
んでも許せないのが、俺の断髪。
ありえねぇ。
あの美容師殺すみたいな勢いで行くぞ。
まぁ俺個人の特殊能力の乱用で怒りは鞘に収めたが。

まずは怒りの対象を自分の精神領域と感心対象から外す。
んで相手を脳内及び眼中から完全な疎外。
時間が経った後、その対象を再度自分の精神領域に戻す。
そうすると時間が経ってるから冷めてる訳だ。

まぁ知らん。

とりあえず何度も書いてる小説の書き直し。
再度白紙に戻した。
バックアップデータも全て消したし。
さーて、もっとリアリティのある話が欲しいなー。
《半分の月がのぼる空》みたいな。
まぁ考えよう。

じゃぁEND。




おまけ
Fraud。
Lack。

限りなく滑稽に近い酷刑

2007–06–13 (Wed) 11:51
いっくんが戯言遣いならば俺は滑稽遣いになりますか。
こう言ってることも滑稽な戯言であり傑作だよな。
戯言→いっくん
傑作→零崎
滑稽→俺
いや意味分からん。

というよりも俺の得意技ですね。
意味無きタイトル。
むしろ意味亡きタイトルがいいかな。
前まであったんだけどもう消失したわけだしさ。

とりあえずあの小説を没にしました。
んで、今新たなお話お伽噺を作成中。
《鏡一枚》
なんかこれ微妙すぎ。
つか鏡好きねぇ。
多分単語的には虚の次の次くらいに好き。

あ、そういえば最近自分を形容する言葉を。
言葉を発見、発掘。
《ニヒリスト》。
虚無主義者。
訳せば要するに俺が無気力人間だってこった。
面倒な事に巻き込まれるのは一番嫌いだし。

はい、ではここらで終わり。
このまま行くとエンドレスな思考が働く気がする。
から。


おまけ
滑稽思想、虚無思考、構想野郎。
なんでもいいが虚無遣いって言う響きがいい。

 | HOME |  次へ »

プロフィール

Fraud

Author:Fraud
中3、14歳
虚無主義者、責任無能力者。
脳の回路が普通とは違うらしい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。